ホーム > 髭脱毛 > 光脱毛は安全性が高い!

光脱毛は安全性が高い!

永久脱毛とはどのような仕組みで施術をされるかというと、レーザー等の機械を使用して毛や毛根に存在するメラニン色素にエネルギーを加えて、毛を作ろうとする組織を破壊し、永久に毛が生えないようにする方法です。レーザーを使用したレーザー脱毛の他にニードル脱毛という方法がありますが、現在では、レーザーが主になっています。

 

どっちにしろ毛を作り出す組織を破壊して毛を生えないようにします。

 

光脱毛でうなじ周辺の脱毛を行う時には、18回以上の施術を受けることを覚悟して受けた方が懸命です。

 

うなじは頭部に近い上、産毛がほとんどないので、なかなか光脱毛だと、つるつるに脱毛できない恐れがあります。しかし、人によっては6回の施術で満足できる人もいますので、体質による部分があります。

 

完璧にすべすべにしたいなら、光脱毛よりも電気脱毛の方がいいかもしれません。

 

光脱毛は高い安全性から多くのサロンで採用されていて、利用者にとってもなじみ深い方式ともいえます。その光脱毛を受けるときに忘れてはならないのが、ムダ毛処理です。

 

予約日の前にはあらかじめ無駄毛を剃る必要があります。

 

ライト脱毛、フラッシュ脱毛など、さまざまな呼び名のある光脱毛ですが、どれも仕組みは同じで、毛根の色素の部分に波長を調整した光(ライト・フラッシュ)をあてて脱毛を促します。

 

ムダ毛が残っていたら、ライトが必要な部分に必要なだけ当たらず、効果的な施術を提供することができないのを理由に断られることもありますし、注意されることもあるでしょう。

 

サロン側では予約時間内で効果的な脱毛を提供するよう心がけていますので、ユーザー側としても充分な効果を得るための準備は怠らずに行きたいものです。

 

さきほど、下処理として剃ると書きましたが、それ以外の方法(抜く、脱色する)は光脱毛のライトが効く部分がなくなってしまいますので、「剃る」のでなければ、市販のクリームやリムーバー液などで「溶かす」のであれば毛根を残すようにすることが大切です。普段の自己処理では黒いのを残さないように徹底するかもしれませんが、あくまでも光脱毛のための下準備と思って処理すれば気軽ですし、施術の効果も得やすくなります。

 

青髭脱毛!効果的な医療クリニックとは?